生活費見直し隊

ムリなく楽しく生活費を見直しましょう!

生活費について、どこに相談すればいいか?

   

 

「生活費に困ったら、誰に相談すればいいのだろうか?」

 

このような悩みを抱えている方は非常に多いと思います。

そこで、ここでは生活費の相談ができる公的機関等をご紹介したいと思います。

 

その前に、最近では「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」などのインターネット上のQ&Aサイトがあり、匿名で投稿・相談ができるため、まずは手始めにこのような相談サイトに投稿してみるのも良いでしょう。

同じような問題や悩みを抱えている人がすでに投稿しているかもしれませんし、問題解決策が記述されている投稿があるかもしれません。

こうしたサイトの利点は、地域を問わず同じ境遇の方の投稿を参考にしたり、相手のことを知らなくても悩みを共有し相談できることです。

「直接誰かに相談するまでもないんだけど…」とか「まずは軽く情報を手に入れられればよい」という方には、相談サイトはとても便利です。

 

ただし、相談サイトのデメリットは、親身になって回答をしてくれる人もいますが、回答内容に信ぴょう性がないため、的確なアドバイスにならない場合もあります。

また、的確なアドバイスや解決策がほしいのに、回答者の多くは体験談に基づく内容が主となり、専門的な知識に基づく回答を得られないこともあります。

 

やはり、生活費を根本的に改善したい!と思われる方は、ぜひ対応してくれる相談機関を訪れるのが良いでしょう。

公的な相談先としては、厚生労働省の自立支援相談機関があり、各自治体に設置されています。

実施している組織は厚労省管轄の社会福祉協議会や社会福祉法人、NPO、役所内担当部署などになります。

各家庭の事情に応じて、具体的な支援プランや、条件をクリアすれば家賃の金銭的支援や衣食住のための物資支援、就労支援、教育支援などをしてくれます。

一般的には足を運びにくい公的機関ではありますが、無料で使える上に、専門的なアドバイスと適切な支援をしてくれるので、活用するのに越したことはありません。

 

この他、法律的な問題であれば法テラス、育児に関することであれば市役所の子育て支援センター、就職相談であればハローワークなども活用してみて下さい。

また、FP(フィナンシャル・プランナー)の方に相談するのもお勧めです。

日本FP協会をはじめ、保険の無料相談でもFPが多数登録しています。保険だけじゃなく生活費全般の見直しの相談に乗ってくれるでしょう。

 - 生活費の疑問

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

口座引き落としよりもカード払いの方がお得?

  電気料金や水道料金などの光熱費や電話料金の支払いやショッピングの代 …

生活費の中で何が節約しやすい項目か?

  毎日の生活において、節約を考えることは結構大変ですよね。 それぞれ …

一般的な家族の生活費っていくら?

  「一般的な家族の生活費」って一体いくらが妥当なのでしょうか? &n …

生活費が借りられる公的機関の貸付制度とは?

  生活費に困った場合、仕方なく消費者金融からの借り入れを求める方もい …

生活費の理想的な割合は?

  「自分たちの生活費が、果たして一般的に見ると使いすぎているのか?平 …

生活費とのバランスを考慮した住宅ローン計画

  住宅ローンの毎月返済額はいくらが妥当なのでしょうか?   …

生活費を節約できる方法を教えて!

  節約術に関する情報はたくさんありますから、家計管理に苦慮されている …

親からもらう生活費はいくらが妥当?

  扶養に入っている親と同居されている方は、子供もいればそれだけで家族 …