生活費見直し隊

ムリなく楽しく生活費を見直しましょう!

妻に生活費をどのくらい渡せばいいか?

   

 

奥さんに家計管理を任せているご主人にとっては、生活費のやりくりを任せている一方で「どのくらいの生活費を渡すのが妥当なのだろうか?」というお悩みを持っている方もいるかと思います。

 

「毎月いくらが生活費として必要か?」は、個々の家族の生活スタイルにおいて違うのでここでは議論しません。

ここでお伝えしたいのは、「夫婦間のお互いの信頼感」になります。

 

生活費の中で「住居費」や「通信費」「交通費」「家具・家事用品」「教養娯楽費」「税金」などはご主人が支払って、食費や日用消耗品に関しては奥さんに必要な額だけ渡しているというケースが多いと思います。

それぞれに役割分担はできていますが、果たして一つの家計簿にちゃんと収支が記録されていて、夫婦二人で共有・管理できているか?というと、疑問符が立つご家庭もおおくいらっしゃいます。

しかし、これでは家計管理ができていることにはなりません。

 

一つ、ご主人に問いたいのですが、家計管理はご主人と奥さん、どちらがメインでされていますか?

例えば、もし奥さんがメインでやってもらった方がいいとお考えの方がいましたら、生活にかかるお金を全部お渡ししてみてはいかがでしょうか?

もちろん家計状況の把握は夫婦二人で行うのがよろしいかと思います。

夫婦二人でも、子供がいる家庭でも、どちらか一方がメインで生計を立てるための仕事に就いているのであれば、もう一方は家事・育児をメインに担当することになります。

 

家事・育児を「一つのプロジェクト」と捉えてみて下さい。

ご主人が会社のプロジェクトリーダーだとして、予算管理ができないとしたら不満じゃないですか?

予算状況が把握できない中で、プロジェクトがスムーズに進行はしませんよね。

これと同じで、奥さんからすれば収入の全体像が見えず、ぎりぎりの生活費をもらうだけでは対処療法になってしまって、毎日「これだけで足りるのか?」という不安を抱えながら生活しなければなりません。

 

そんな不安を抱えたプロジェクトは、必ず失敗します。

つまり、家事・育児をメインに担当する方が家計管理も行い、生活費の全てを持つのがよいと思います。

ご主人も、会社の付き合いやプライベートなどで入り用のお金も持っておきたい気持ちもあるでしょう。

ただし、家族がいるのであれば「家族あっての自分」であることは間違いありません。

この考え方に立った上での「奥さんに渡す生活費」は「信頼できる奥さんに任せられるだけの金額」というのがよいのではないでしょうか?

 

まずは、ご主人の方から奥さんに声をかけて、毎月の生活費について話し合ってみて下さい。

 - 夫婦間の問題

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

妻が生活費の中から自由に使ってよい金額は?

  生活費とお小遣いのバランスは、家計管理の重要なテーマの一つと言えま …

夫に生活費が足りない状況をうまく伝えるには?

  生活費の管理をしているのが奥さんだとして、増税や保険料の引き上げ等 …

夫の小遣いの使い過ぎを直すには?

  家計を管理している奥さんは、ご主人にどのくらいお小遣いを渡していま …

生活費を渡すのにベストなタイミングは?

  ご主人が生活費を奥さんに渡す際、毎月の生活費については、相場という …