生活費見直し隊

ムリなく楽しく生活費を見直しましょう!

夫の小遣いの使い過ぎを直すには?

   

 

家計を管理している奥さんは、ご主人にどのくらいお小遣いを渡していますか?

一般的なサラリーマン男性でお小遣いが「3万円」というのをよく耳にしますが、もっと使っている方もいれば、一定の生活費を渡したら、それ以外はすべて小遣いとしている方もいるでしょう。

しかし、家計が逼迫している家庭にとっては、生活に見合ったお小遣いの使い方をしてもらわなければなりません。

最初にお小遣いの金額を決めても、追加で請求してくるご主人もいるようです。

生活を顧みずにお小遣いを使い過ぎてしまう夫に、使い過ぎを直してもらうにはどうすればよいでしょうか?

 

まず、ご主人の方が「金銭感覚が緩い」という場合は、奥さんの方が徹底管理して、後からの追加請求には原則応じないという厳しいルールを設けることです。

そのためには、日頃から家計の状況をご主人と共有しておくことも重要ですが、企業で無駄な経費計上は認められないのと同じで、家計が厳しいのであれば、追加のお小遣いに使う行動はやめるべきです。

まずは、奥さんが家計に対して厳しい態度を示し、夫婦で家計管理を共有するようにしましょう。

そうすると、ほとんどの場合、それまでお小遣いが少ないとかお小遣いをもらねいと文句を言っていたご主人も、理解して節約した行動をとってくれるようになります。

ただし、あまりにも厳しすぎるとご主人も参ってしまうので、たまには飲みに行ったりレジャーで楽しんで羽目を外せるような時間とお金の余裕を持たせるようにしましょう。

 

また、ご主人と一緒に様々な節約術を試してみるのもいいと思います。

一緒に家計管理の意識と金銭感覚の固さが身につきますし、便利なクレジットカードや電子マネー、無料・低価格で利用できるサービスなどをご主人に探してもらうのもいいかもしれません。

そこから貯金ができる可能性が見えてくれば、その貯金で家族旅行に行ったり、マイホーム購入の頭金にしたりなど、夢が広がります。

そういった楽しみもご主人に覚えさせることも、金銭感覚を身につけてもらう効果的な方法ではないでしょうか。

ぜひ試してみて下さい。

 - 夫婦間の問題

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

妻に生活費をどのくらい渡せばいいか?

  奥さんに家計管理を任せているご主人にとっては、生活費のやりくりを任 …

夫に生活費が足りない状況をうまく伝えるには?

  生活費の管理をしているのが奥さんだとして、増税や保険料の引き上げ等 …

生活費を渡すのにベストなタイミングは?

  ご主人が生活費を奥さんに渡す際、毎月の生活費については、相場という …

妻が生活費の中から自由に使ってよい金額は?

  生活費とお小遣いのバランスは、家計管理の重要なテーマの一つと言えま …