生活費見直し隊

ムリなく楽しく生活費を見直しましょう!

定年後の生活のために今できること

   

 

どのご家庭でも、毎月の生活費について悩んでいることと思います。

共働きで、なんとか生活費を賄えているけれども、貯金まではなかなかできずにいる・・・

さらに、定年後まで考えることなんてできない・・・

 

確かに、増税や保険料増加で家計負担が少しずつ高まり、貯金や定年後の蓄えについて考える余裕がないのが実情でしょう。

とはいえ、今がギリギリの生活では定年後はもっと厳しくなることは目に見えています。

今の制度が続けばもらえる年金が減っていくからです。

すでに、今の高齢者の中にも年金暮らしだけでは足りず、定年後も働いている人たちがたくさんいます。

もちろん望んで働くのであれば問題ありませんが、精神的にも体力的にも無理をして働くのはとても大変です。

 

そこで、生活費を見直す一環として「老後のための準備」を今からしてみてはいかがでしょうか?

 

例えば「貯蓄」の一部や全部を老後のために取っておくことができます。

すでに貯蓄をされている方は、目的別に貯蓄を分けていますでしょうか?

分けていなければ、教育用や突発的なイベント用などに加え「老後用」という枠も設けてみてはいかがでしょう。

 

また、年金や保険、退職金など定年後にもらえるお金を今のうちに試算しておくのもよいでしょう。

もちろん数年後に定年を迎えるのか、まだ10年以上先の話なのかによって、制度も変わる可能性もありますから試算も違ってきますが、お金の計算をすること自体が準備の一環ですので、試算をすることで生活費についても今まで以上に考えるようになると思います。

 

「定年後も働き続ける」ということも検討されてみてはいかがでしょうか。

今は、定年を迎えてから別の仕事を始める方も多くいます。

今まで培ってきた経験や実績、高いスキルを求める企業も多いでしょう。

自身で起業をされる方もいらっしゃいます。

定年を迎えたからといって、人生が終わるわけではありません。

人生の一つの区切りにはなりますが、健康であればまだ数年、十数年、と働くこともできます。

 

定年後に何をしたいか?を今のうちに考えておくことで、今の生活自体を根本的に見直すきっかけにもなるのではないでしょうか。

 - お金の管理

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

理想的な貯金の金額はいくら?

  「生活費を見直したい」という方は「どの項目を削ればいいだろうか」と …

「家計簿」って、どうやってつけたらいいのか?

みなさん、家計簿はつけた方が良いと思いながらなかなか続けられず、気が付いたらいつ …

どこまでを生活費の範囲として考えるか?

  「生活費」といえども、中身を見ると個々の家庭において構成される項目 …

お金が貯まる生活の知恵

  夫婦二人でなんとか家計を維持しているが、厳しい状況が続いているご家 …

家計管理について

  「毎月の生活費がギリギリでつらい…」 「収入を増やしたいけど、どう …

お得なクレジットカードを教えて!

  クレジットカードは、日々の生活費やショッピングの支払いにとても便利 …