生活費見直し隊

ムリなく楽しく生活費を見直しましょう!

生活費の中で何が節約しやすい項目か?

      2017/01/27

 

毎日の生活において、節約を考えることは結構大変ですよね。

それぞれに生活スタイルや趣味趣向があり、何にお金を費やすか?何をセーブするか?は人によって違うものです。

ただ、あまりに生活費がきついというご家庭にとっては、「我慢したくない」「節約できない」などと言ってはいられません。

自分たちの生活スタイルに合わせて、節約の重点に置く項目を決めて、節約できるかどうかを検討してみましょう。

 

今まで外食が多かった家庭にとっては、自炊を始めてみて、以前との一ヶ月の食費の差に驚くことでしょう。

日用品も、例えば100円ショップで買えるものは買ってみて、使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

家具や家事用品など、最近では機能やデザイン、品質の良い商品が100円ショップでも売られているので、こちらの活用もぜひ検討してみて下さい。

 

また、生活費の中から使っている、趣味や娯楽、交際費などへの支出額はどれくらいでしょうか。

確かに、まったく趣味の時間を作ることができなかったり、友人や家族と外出して食事や遊びに行けない生活はつまらないでしょう。たまには息抜きや楽しみも必要です。

また、節約ばかりでなく必要な所にはきちんとお金をかけることで結果得をすることがあります。

たとえばペット保険は保険料がもったいないという声もあるものの、実際にペットが病気になった時には出費をカバーしてもらえて助かります。(ペット保険に入った方が良いか?

 

また、例えばコレクションが好きな方にとって、趣味のお金を減らすことは難しいと思いますが、節約は全くできないでしょうか。

趣味にお金をかけることが前提となってしまっていて、思考や発想の転換ができていない可能性があります。

趣味や娯楽、交際費は、見直せば一気に節約できる項目ですので、聖域とせずに検討項目の一つに入れてみて下さい。

 

個別に見ていくと、支出を大幅に減らせる項目があることがこれでわかりましたが、実際は一気に支出を減らせることはなかなかできません。

しかし、一ヶ月単位ではなく「半年単位」「一年単位」で見ていくとどうなるでしょうか?

毎月、少しずつでも節約の努力をするのです。

一ヶ月ごと1,000円ずつ減らしていくだけでも構いません。

例えば、最初に30万円かかっていた生活費を毎月1000円減らしていくと、1年後には288,000円になりますよね。

1ヶ月に12,000円も節約できれば、それ以降の年間節約金額は144,000円にもなります。

 

また、一度に大きな金額を減らせる可能性がある項目として、保険料があります。

よくある保険の見直し相談は、サービスが無料なので利用してみるのも良いと思います。

 

 - 生活費の疑問

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

生活費について、どこに相談すればいいか?

  「生活費に困ったら、誰に相談すればいいのだろうか?」   …

親からもらう生活費はいくらが妥当?

  扶養に入っている親と同居されている方は、子供もいればそれだけで家族 …

生活費を節約できる方法を教えて!

  節約術に関する情報はたくさんありますから、家計管理に苦慮されている …

一般的な家族の生活費っていくら?

  「一般的な家族の生活費」って一体いくらが妥当なのでしょうか? &n …

生活費が借りられる公的機関の貸付制度とは?

  生活費に困った場合、仕方なく消費者金融からの借り入れを求める方もい …

生活費とのバランスを考慮した住宅ローン計画

  住宅ローンの毎月返済額はいくらが妥当なのでしょうか?   …

口座引き落としよりもカード払いの方がお得?

  電気料金や水道料金などの光熱費や電話料金の支払いやショッピングの代 …

生活費の理想的な割合は?

  「自分たちの生活費が、果たして一般的に見ると使いすぎているのか?平 …